エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

更新日:2013年8月19日

NeIL(ニール)(静岡市葵区)

~静岡市伝馬町のカフェレストランNeIL(ニール)さんに伺いました~

静岡市内でいま最も人気のある静鉄新静岡駅エリア、そこにあるホテルの一画にNeIL

さんがあります。 ホテル正面のエスカレーターを上がると、目の前にアジアンリゾートが広がります。

まるでバリ島をイメージさせる植物やエキゾチックなテーブルクロスやキャンドル、照明の色使いに吸い寄せられます。

大きな半円の窓からは明るい日が差し、天気のいい日は大きくて開放的な窓際のソファに座りカフェやランチを楽しむことができ、夜は、けやき通りのイルミネーションを眺めることができます。

お店の入り口

リビングのような店内

 

~エクゼクティブマネージャー兼エクゼクティブチーフの金井さんにお話を伺いました~

Q:静岡にいながらリゾート気分が味わえる素敵な店内ですね。

当店は東京カフェブームの火付け役である山本宇一氏プロデュースによるカフェレストランです。普段は白を基調としたシックな店内ですが、夏季限定でアジアンリゾートをテーマに、バリ島をイメージした雰囲気を楽しんでいただいています。

Q:やはり女性客が中心なんですか?

そうですね、女性のお客様に多くご来店いただいています。ホテルにお泊りのお客様よりも、わざわざ当店お目当てで来ていただくお客様が多いので、ホテルの中のレストランではありますが、気兼ねなくご来店くださればと思います。

Q:ビュッフェもあるんですね。野菜がたくさんでおいしそうですね。

はい、やはり女性のお客様が多いため、野菜には力を入れています。昨今、食の安全が騒がれることが多いですが、当店では安心安全な食材をご提供するため、生産者の方と話ができる関係を大切にしています。生産者と直接契約し、安心安全であれば形等には拘らずに買い取ることで、生産者側での野菜のロスもなくなり、エコで、双方にメリットがあるんですよ。

夏季限定のアジアンリゾートな雰囲気 

窓際のお洒落なソファ席

Q:イベントなどはありますか?

サッカーのパブリックビューイングを開催しています。毎回たくさんのお客様が青いユニフォームを着て一緒に応援します。ブラジルワールドカップの際も行う予定なのでぜひご来店ください。

東アジアカップを一緒に応援しました!

素敵なランチメニュー

 

~それではエコショップ宣言について教えて下さい~
☆食べ残し削減の工夫

ハーフサイズメニューを設定しています。

特に女性は、メインよりもサラダなどの野菜を多く召し上がりたい、という方が多いこともあり、野菜をビュッフェスタイルでお好きなだけ召し上がっていただいています。おかげで食べ残しも減り、とても環境にやさしいと思います。

☆省エネへの取り組み

空調等はインバータ制御のものを導入することで、省エネに貢献しています。イニシャルコストは高くなりますが、ランニングコストが安いため、そのぶんの設備投資も回収できると思います。

☆地産地消の促進

生産者と直接話のできる距離感を大切にしていることもあり、県内の野菜を主に使用しています。

今後は、生産者の方の顔まで見ていただけるような工夫をして安全安心な野菜をPRしたいです。

~取材後記~

ホテルの中のレストランということで少し緊張しましたが、入り口は華やかなアジアンリゾートの雰囲気で、中に入ってみようと興味が沸いてきました。

金井さん曰く、「食は楽しむことであり、毎日の積み重ね。だからこそ安心なものを食べて欲しい。それには生産者さんと話ができる距離が大事なんですよ」とのこと。これほどのこだわりを持つNeILさんでなら、安心して食事が楽しめそうですね。

 

 NeIL(ニール)(静岡市葵区)…詳細はこちら


ページの先頭へ戻る