エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

更新日:2014年2月18日

ビアン正明堂(びあんしょうめいどう)(浜松市)

~菓子処 ビアン正明堂(しょうめいどう)に伺いました~

浜松市浜北区にあります菓子処ビアン正明堂。浜北特産の次郎柿と同じオレンジ色の看板が目印です。

ビアン正明堂は昭和元年に開店した老舗の和洋菓子店で、手作りの生クリーム大福、クッキーや焼きドーナツ等の商品に「次郎柿」や「うなぎいも」等の特産物を使用したお菓子が店頭に勢ぞろいしています。店名の由来を聞いてみたところ、当初は正明堂だったのですが、三代目で洋菓子職人の鈴木美保子さんが継いだ際にトレビアン(フランス語で素晴らしい!という意味)からビアンをとってビアン正明堂にしたそうです。

お店の外観

 店主の鈴木さん

~店主の鈴木さんに伺ってみました~

Q:商品について教えて下さい。

浜北特産「次郎柿」や「うなぎいも」などご当地食材を使用した生クリーム大福、柿クッキー、次郎柿あんの入ったもなかやどら焼き、浜松の米粉を100%使用した米粉ロール、焼きドーナツや大学とコラボして作ったクッキーやシフォンケーキです。

          次郎柿クッキー、大学と

        コラボして作ったクッキー

生クリーム大福

 

Q:売れ筋商品を教えて下さい。

32種類の生クリーム大福です。トマトやしょうが、赤しそや浜名湖青のり等のご当地食材を使用した少し変わった味を揃えています。

中でも人気の大福は「浜北次郎柿」130円や、うなぎいも協同組合認定商品の「うなぎいも」150円です。

「浜北次郎柿」は柿ジュレに生クリームが入り、甘みと酸味のバランスがよいです。

「うなぎいも」は竹炭を使った黒い大福で、中にはうなぎの加工残渣を堆肥にし育てたさつまいも(うなぎいも)のペーストと生クリームが入っています。うなぎの目や口はホワイトチョコで1つずつ手書きしています。

Q:鈴木さんのお勧めを教えて下さい。

開店当初より作っている次郎柿を使ったお菓子です。完熟した柿をジャムにして生地に練りこんだ柿クッキー、麦こがしの皮に柿あん入りの柿しぐれ、柿あん入りの次郎柿もなかや次郎柿どら焼きをお勧めします。柿クッキーは通常のクッキーより大きく、食べるとほんのり次郎柿の味がします。1袋2枚入りで152円です。

美味しくて栄養価が高いので、柿があまり得意でない方も是非一度お召し上がり下さい。

※エコショップ宣言について

☆容器包装の削減

袋は一つにまとめるようにしています。

☆食べ残し削減の工夫

製造の中でなるべくゴミを出さないようにしています。

☆使い捨て製品の使用自粛

欲しい方だけにスプーンやフォークを付けるようにしました。

☆省エネの取り組み

冷凍庫を最新のものに買い替えたところ電気使用量が減りました。

お店の入口が西向きで陽が入るため極力暖房をつけないようにしています。

徐々に電球をLEDに変え、間引き照明にしたり昼間の照明は必要最小限にしています。

ご当地食材を使った大福

 

間引き照明

☆地産地消の促進

柿、さつまいも、トマト、ブルーベリー、苺、みかん、しょうがは地元の農家や業者から仕入れています。

~取材後記~

アットホームな雰囲気のビアン正明堂。取材の間、次から次へとお客様が買い物に来られ、レジを打つスタッフの方と親しげに会話をされ、地元に密着した和洋菓子店だと思いました。

ふじのくに「食の都づくり仕事人」200人の中に選ばれている三代目店主の鈴木さん、地元の食材を上手にお菓子に取り入れているベテランの職人さんです。鈴木さんは、「様々な商品を生み出し、それが厳しい審査の中で商品化されていくことにやりがいを感じている。」とお話してくれました。

2月22日、23日にアクトシティ浜松で行われるふじのくに農芸品フェア2014に出展されるそうです。(鈴木さんの手作りの商品も出展されるとのこと。)

ぜひ皆さん足を運んでみて下さい。

ビアン正明堂(びあんしょうめいどう)浜松市…詳細はこちら

ページの先頭へ戻る