エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

ホーム >宣言店取材記事>cafe 楽・風(裾野市)

更新日:2012年11月20日

cafe 楽・風 (かふぇ らふ) (裾野市)

~地元の野菜をふんだんに使ったお母さんの家庭料理を富士山の麓の一軒家で頂けるお店
                           『café楽・風(かふぇ らふ)』さんにお邪魔しました~

 裾野市の住宅街にある“普通の一軒家”
実は、ここが地元の野菜をふんだんに使った家庭料理が楽しめる『café 楽・風』さんです。
民家を改装し、靴を脱いであがって寛ぐ空間になっているので、
お店なのにまるで知り合いのお宅でお母さんのご飯をご馳走になっているかのよう。
野菜中心のお料理ですが、1つのメニューに20~25品目もの食材が使われているため、
栄養バランスがよく、女性の方はもちろん、男性のお客様も多くいらっしゃるそうです。

 地元の農家の方々が週三回、直接お店に野菜を持ってきてくれます。
その安全で新鮮な野菜を使った料理を提供し、直接販売もしています。
地域の野菜生産者とお客様をつなぐネットワークのお店『楽・土(らんど)』で、
新鮮な季節の野菜を安く買う事ができます。
また、カフェでは教室やセミナー、ギャラリーや演奏会などのイベントもよく行われています。

『café楽・風』の代表で、ふじのくに食の都づくり仕事人として、
初夏の仕事人ウィークにも参加された「市川清子」さんにお話をお伺いしました。



いつも忙しくても明るく元気なオーナーの市川さん

     



民家を改装した隠れ家的カフェ


※エコショップ宣言について教えて下さい。

●環境配慮型製品の使用
 ランチメインのカフェですが(ディナーは要予約)、持ち帰り用の惣菜やお弁当も人気です。
容器は資源と環境に配慮した葦や砂糖きびのパルプを使用したお弁当箱を使っています。
10月のリニューアルを機に、複数の小鉢での提供からおしゃれなプレートタイプに変更し、
洗い物が少なくなりました。
また、揚げ物などの下にレタス等の葉を敷くことで、お皿に残る汚れを減らす工夫をしています。
割り箸は不使用とし、更におしぼりも廃止しましたが、お客様からクレームもなく、
みなさん洗面台で手を洗っていただいています。

●資源物の回収促進
 商工会女性部が行う「エコキャップ回収運動」に協力しており、
大きな袋一杯に持ってきてくれる方もいます。
また、牛乳パックもお店で回収し、リサイクル業者に出しています。

●マイ箸・マイボトルの持参促進
 マイ箸・マイボトルの持参促進中。(詳しくは下のエコ特典に掲載)
初めは掲示してお知らせしていましたが、今は殆どのお客様が了解してくださっています。



農家の方々が直接持ち込み販売しています

     



お任せランチ 野菜を沢山使ったおかずが盛り沢山

なんの野菜が使われているのか
聞きながら食べるのも楽しい

●地産地消の促進
 お店を始めた頃、野菜の仕入れは、近所のJAふれあい市へ買いに出掛けていました。
頻繁に足を運ぶため、お店の方達や農家の方々から声をかけていただくようになり、
どの野菜はどこの農家が美味しいとか、珍しい野菜が入ったよ、と教えて下さるようになりました。
そこで地元の農家の方々との繋がりが出来始め、今では地元農家の方々が直接
お店に野菜をお持ち下さる関係に発展し、より新鮮なうちにお客様に提供できるようになりました。

裾野市は標高差が大きく温度差があるため、色々な種類の農作物が栽培されており、
お店でも色々な野菜を積極的に扱うようにしています。
珍しい野菜が手に入った時には、どのように食べたら美味しくいただけるか皆で考え、
レシピを配布するなど、消費者に受け入れられるよう務めています。

 また、安全に気を配って作られている食材を扱っているため、
野菜や果物の皮も食材として利用します。
美味しいダシが取れますので捨てるところがありません。
地元活性のお手伝いと、CO2を出さない流通を心がけています。

●省エネへの取組
 照明は随時LED照明に移行させています。
それとできるだけエネルギーを使わない調理を心がけています。

魔法瓶で作る煮豆、発泡スチロールに入れるだけのローストビーフなど、
省エネのためだけでなく、美味しく作るコツでもあるんですよ。

●環境教育の普及
 昔は祖母から母へ、そして娘へ、家事をはじめとした様々な知識や知恵が伝えられていました。
そうした昔ながらの日本の家庭料理の紹介や食育活動をしています。
祖父母の知恵を受け継いだ「ソボ(祖母)リエマイスター」(笑)をひろめたいと思っています。



民家を改装した店内
ギャラリーとして写真や作品を展示したり
ライブや教室が開かれます

     



庭の温室を改装した「らいふすてーしょん」

食器や服といったユーズド商品も展示

※エコ特典について教えてください。
マイ箸持参者にはコーヒーをサービス、さらにお弁当の割り箸不要の方には一品追加
もしくは増量のサービスをしています。


  裾野市には転勤族が多く、引っ越してきた奥様方が集まるコミュニティカフェが始まりだそうです。
今では美味しい野菜料理が食べられるカフェとして地元の野菜を紹介・広める役割を担い、
編み物教室や料理教室が行われ、コミュニケーションの場所としてさらに発展しています。

野菜をたくさん使った家庭料理を楽しみに、café楽・風さんに行ってみて下さい。


cafe 楽・風 (かふぇ らふ) (裾野市) … 詳細はこちら


ページの先頭へ戻る