エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

更新日:2013年9月27日

池田屋カバン店浜松店(いけだやかばんてんはままつてん)(浜松市)

~浜松市池田屋カバン店浜松店に伺ってみました~

浜松駅南口から西に進んだ、レンガ造りのビルの一階に池田屋カバン店があります。

池田屋といえば「ぴかちゃんランドセル」。コマーシャルがよく流れているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

1950年、戦後の混沌とした時代に静岡市でお店を始められました。今は県内に3店舗、東京に1店舗の合計4店舗ですが、全国で展示会を開催しているため、日本各地から注文が来るそうです。

外観の様子

   

店内の様子

 

~店長の長岡さんにお話を伺ってみました~

 

店長の長岡さん

甲州印傳

Q:扱っている商品の種類を教えて下さい。

オリジナルランドセル、甲州印傳(こうしゅういんでん)というブランドのバック、小物、ペンケース等です。印傳は国から伝統工芸品の指定を受けたもので、鹿の革に漆を付けて模様をつける伝統的な技法で、甲府市内で作られています。池田屋用に企画して作っている商品もあります。

Q:最近はどんなランドセルが人気なんですか?

ベーシックな色につやのないマットなタイプが人気です。男の子の半数が黒、女の子も半数が赤を選ばれます。ステッチの色も選べるため、レパートリーが豊富で、金額は29,900円から75,000円まであります。

ちなみに20年前まではつるつるピカピカのランドセルが人気だったんですよ。

Q:ランドセルの選び方について教えて下さい。

デザインや軽さだけで選んでしまうと失敗してしまうことが多いです。

フィット感、ランドセルの大きさ、強度、安全性、背負いやすさなど、総合的に判断して頂きたいですね。

Q:印傳の商品について教えて下さい。

小銭入れ、印鑑ケースやお財布をギフトとして贈る方が多いです。若い方にも意外に人気で柄はエレファント柄が人気です。金額は588円からです。

ポケフィットという当店オリジナルの札入れは、胸にポケットがない男性のために作りました。

※エコ特典について

包装紙や手さげ袋持参の方に10円還元します。

※エコショップ宣言について

☆容器包装の削減

地球環境のため、包装材削減に取り組んでいます。

 

レジに貼ってある宣言用紙

 

修理可能なランドセル

 

☆修理サービスの提供

ランドセルの破損はすべて無料でお直ししていて、6年間完全無料修理保証がついています。

部品の交換などはスタッフが当店内で行っています。代替えのランドセルもあります。

☆省エネへの取り組み

ランドセルは当店内で修理することで、輸送に係わる温室効果ガスの削減に繋がります。

~取材後記~

ランドセルのプロが揃う池田屋カバン店。スタッフ間で日々意見を出し合っていいものを作っていくそうです。ランドセルは6年間使う大事なカバンですので、決める時にはじっくりポイントを押えて購入したいですね。

年々、成人式や七五三など、衣裳決めの時期が早まっているそうで、ランドセル選びも早まっているそうです。ランドセルについてわからないことがあればぜひ池田屋カバン店に聞いてみて下さい。きっと的確なアドバイスをいただけると思いますよ。

池田屋カバン店浜松店(いけだやかばんてん)(浜松市) …詳細はこちら

ページの先頭へ戻る