エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

ホーム >宣言店取材記事>異豆珈琲店 (いとうこーひーてん) (浜松市)

更新日:2012年8月17日

異豆珈琲店 (いとうこーひーてん) (浜松市)

~本当に美味しい珈琲と楽しい会話が楽しめるコーヒー専門店
                                「異豆珈琲店」さんにお邪魔しました~

浜松駅前アクト通りを北に進み、公園通りを少し入った今の場所に移転してから三年、
創業37年の「異豆珈琲店」では、常時30種の豆が揃い、マスターが丁寧に入れてくれる
美味しいコーヒーが楽しめます。
人の良い明るいオーナー夫婦との会話が楽しく、一人で来てもくつろげて、いつの間にか
マスター達と皆でおしゃべりをしているような、今では珍しくなった心和む喫茶店です。

常に適温のお湯を用意し、お客様が来てから、そのつど豆を挽き、
心を込めて一杯のコーヒーを入れてくれるマスター「伊藤正」さんにお話をお伺いしました。



プロの技と心を込めた珈琲を入れてくれる伊藤さん

       



ガラス張りで開放的な明るいお店

犬の散歩の途中に寄る方も。

※エコショップ宣言について教えてください。
●容器包装の削減・マイバック・マイボトルの持参促進

 テイクアウト用の紙袋やビニール袋について、毎回お客様に必要か否か確認しています。
ご自宅用の場合、ほとんどのお客様が簡易包装を希望されます。
珈琲器具をお買い上げの際、箱もいらないと言って梱包材を置いていくお客様までいます。
歩いてお越しの方や若い方は、マイバックを常に持っている意識の高い人が多いですね。

マイボトルをお持ち頂いたお客様には、一杯分の価格で二杯分のコーヒーをサービスしています。
ご利用は常連のお客様がほとんどで、店でゆっくり飲まれるお客様が多いです。
持ち帰りのお客さまで直ぐにお飲み頂けない場合は、
味の変わりにくいコーヒーをおすすめしています。

常時約30種類のコーヒー豆が並ぶ

      



専門店ならではの珈琲器具も販売されています

●食べ残し削減の工夫
 ランチ時間にはパニーニやパスタ、カレーを用意していますが、
食べ残しのない様ご飯の量など伺うようにしています。
今ではお客様から「砂糖ミルクはいらないよ」とか「ご飯は半分で」などと言ってくれます。

●省エネへの取組
 震災を機に節電について考えるようになり、お手洗いの照明を使用時のみの点灯としました。
また、当店は片側が全面ガラス張りのため、自然の光を取り入れるようにすることで、
こまめに照明を消したり、無駄にならないよう気をつけています。


お茶うけのお豆もお持ち帰りいただけるよう
小袋入りに変更しました。

     


一人ゆっくりコーヒーを楽しむお客様も多い
向かいの公園の緑を眺めながらコーヒーをどうぞ

※エコ特典について教えて下さい。
 コーヒーのテイクアウトの際にマイボトルを持参頂くと、
一杯分の値段で二杯分のコーヒーをご提供するサービスを行なっています。
(サーモカッブでもお持ち帰りいただけ、ホット・アイス対応可)。


マシン抽出の珈琲に慣れている私は、お店で丁寧に手で入れてもらうコーヒーが
久しぶりなことに気が付きました。酸味が柔らかく香り高く本当に美味しいコーヒーでした。
普段はあまりコーヒーを召し上がらない方がこちらのお店でコーヒーを好きになった、
という方も多いそうです。

移転後も磐田から来る常連さんが多く、自転車で一時間かけて来る方、
運動や散歩の途中に寄る方、仕事の合間に来る方…、
様々なお客様がいらっしゃるそうです。
カウンターで、にわかコーヒー教室が始まったり、故郷の磐田の観光案内が始まったり、
隣に座った人が皆友達になるのは、オーナー夫婦の明るさによるものだろうと思いました。
この夏は、節電避暑店にも参加されているとのこと。
「極力無駄なものは省き、リサイクル出来るものはする、 店にもよく地球にも良いので続けていく」
とのことでした。

美味しいコーヒーだけでなくオーナー夫婦とのお話も楽しみな「異豆珈琲店」さんです。



異豆珈琲店(いとうこーひーてん)(浜松市)…詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る