エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

ホーム >宣言店取材記事 > Cake&Cafe 順孔

更新日:2012年3月21日

Cake & Cafe 順孔

~Cake & Café  順孔 さんにおじゃましました。~


パティシエ山本さんです。 子供から大人、カロリーを心配されている 方々も安心して食べれる商品開発を日々探究してます。 熱いハートの持ち主です。

株式会社 ばん企画(トミヤコーヒーグループ)
常務取締役 山本 剛之氏と面談・取材をさせて頂きました。

Q:エコショップ宣言登録後のご感想をお聞かせください。

スタッフや周囲への環境教育について、上から下へ指示をするだけでなく、互いに意見交換をしながら進めています。

また2011年3月に発生した東日本大震災で被災された方々や震災孤児の為に支援物資を送り、契約農家から野菜を買い取り震災孤児達が自分たちのためになる様な販売を手助けして来ました。

節電・エコ・環境配慮も大切ですが現在は日本国のために、国民ひとり一人が小さな事でも一歩踏み出す勇気が必要ですね。

節電関連では、㈱ばん企画として県東部9店舗から徐々に照明器具の電球をLEDに変更していきます。
変更した店舗では前年同月比で約15万円/月かかっていた電気代に変化
がみられ、約10万円/月になり、大きな節電効果が出ました。

Q:エコ特典に関して

現在、エコ特典はありません。
しかし、津波孤児募金として通常@1,100円のランチから300円を募金にしました。
114名の方が参加して頂き、34,200円を寄付しました。

Q:今後、順孔さんで計画されている事や予定していることはありますか?

食文化の再構築を同じ意志、考えを持った方々とコラボレーションし、静岡より
発信していきたいです。また、順孔2号店を6月にオープン予定です。
アレルギー体質、糖尿病を患っている方々にも食べて頂ける様なパン・ケーキ
の提供を企画中です。


東日本で被害に遭われた子供達の為にスタート した津波孤児募金です。

顔がほころんでしまう豊富なメニュー


~取材を終えて~

食文化の大切さと健常者や病気を患って糖分接種に規制がある方々がおいしく
気を使わずに食べれるメニューの開発をしている山本常務さんでした。
震災で被災された方々へもボランティアに自ら現地へ赴く勇気と熱いハートを
持った方でした。

Cake & Cafe 順孔・・・・・店舗詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る