エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

クマノミ雑貨店(くまのみざっかてん)(三島市)

~色々なスパイスのきいた楽しい雑貨店・クマノミ雑貨店に伺ってみました~

三島駅から南に下り、市街地に入るとレトロな建物が見えてきます。周りには湧水スポットが所々にある、おしゃれな通りにクマノミ雑貨店があります。

店主かつ広告屋の古田さんが毎日仕事で歩いていた際、昭和9年に建てられたかつての老舗のお蕎麦屋さんが空き店舗だったことが気になり、三島市の中心商店街でもったいないと思い、モダンな造りの建物に似合うお店と言えば和雑貨だと考え、平成16年、クマノミ雑貨店をオープンしました。

建物はお蕎麦屋さんの名残が今も残り、格天井と壁にかけられた木製のメニューが歴史を感じさせてくれます。

 

古田さんの愛犬チャッピー

  

お店の外観

                      

~店主の古田さんに話を聞いてみました~

Q:とても興味深いお店の名前ですね、由来を教えて下さい。

お店の名前を考えていたときに、私の家で8年飼っていたクマノミを忘れないようにという意味を込めてクマノミ雑貨店という名前にしました。

Q:クマノミ雑貨店はどのような雑貨を扱っていますか?

洋服・ファッション雑貨・インテリア雑貨が多いですね。インド・インドネシア・ネパール・ベトナムから輸入しています。

色んな業者から商品を入荷しています。

Q:良く出る商品はなんですか?

タオル手ぬぐいが良く売れます。夏は薄く軽いインド製の服が多く売れます。

全体の6割が1,050円ですね。

洋服も1,050円でおしゃれなものを買えますよ。

      店内の様子      

人気のタオル手ぬぐいと奥の池

                                            

Q:ここのお店ならではのものはありますか?

商品ではありませんが、お店の敷地内に池があり、その中に金魚が住んでいます。当時のお蕎麦屋さんのお爺さまがつくられたのですが、「自動こけ水やり機」というものがあり、蛇口をひねると水が出て、木の葉やこけを潤してくれます。井戸水を使っていて、まるでここだけ雨が降っているように涼しく感じられます。

※蛇口をひねると水が流れます

       

 

※エコショップ宣言について教えて下さい※

☆省エネへの取り組み

店内がレトロなつくりなので、昼間の照明はほとんど使っていません。でも、それが逆に落ち着く空間を作り出しています。

☆地球温暖化の防止

土間の掃除は、水を含んだ新聞紙を撒き、ほうきで掃いています。ほこりが立たなくてとてもいいんですよ。

~取材後記~

 お店のテーマを聞いてみたところ、「特にないが、仕入れたら売り切る、身近なことからコツコツと」だと教えて下さいました。価格は安くないと仕入れない、次の年に持ち越す在庫は置かないという方針だそうです。

 明るくてお話し好きな店主の古田さんと愛犬のチャッピー、お店の外にも笑い声が聞こえてきます。古田さんとチャッピーに会いたくてお店に寄る方もいるかもしれませんね。

店内は頭の上から足元まで、至る所に商品が飾られています。お店の中を見回すときっと欲しい物や興味が出てくる物が見えてくるでしょう。皆さんぜひ一度お店を覗いてみて下さい!

 

 

 クマノミ雑貨店(くまのみざっかてん) (三島市)…詳細はこちら

ページの先頭へ戻る