エコショップ検索

ふじのくにエコショップガールズ日誌

twitter follow me

ここから本文です。

ホーム >宣言店取材記事>貴裳呉服 京濱(きしょうごふく きょうはま)(浜松市)

更新日:2012年8月21日

貴裳呉服 京濱 (きしょうごふく きょうはま) (浜松市)

~御品選びからメンテナンスまで、あらゆる着物のトータルコーディネートが可能な
               昭和9年創業の呉服専門店『貴裳呉服 京濱』さんにお邪魔しました~

日本家屋造りの店の暖簾をくぐると、落ち着いた畳の間の店内がひらけます。
「貴裳呉服 京濱」さんは、振袖・留袖・訪問着はもちろん、各種和装小物からアクセサリー
草履や浴衣など幅広い商品の取扱いがあり、着物・草履のメンテナンス・オーダーも請け負っています。

着物のことならどんな相談も出来る京濱の「森育信さん」と奥様の「昌子さん」にお話を伺いました。



親身になって相談にのってくださるお二人

       




落ち着いた素敵な佇まいのお店

※エコショップ宣言について教えてください。
●容器包装の削減・マイバックの持参促進

 着物は包装紙ではなくタトウ紙(文庫紙)という紙で包んでから、「風呂敷」で包んで持ち運びます。
風呂敷は、普段は小さく折りたたみ、必要な際はどんな形にも包めるエコバックです。
当店では、マイバックならぬ「マイ風呂敷」を推奨しています。

●環境配慮型製品の使用・リサイクル商品の販売
 着物は本来どんな体型の方も包み込んで着ることの出来るものです。
大事に保存しておけば、お母様やお祖母様の着物を娘さんやお孫さんに譲り
使い続けていくことが出来る、日本古来のエコ商品といえます。
「洗張り」といわれる着物を一度ほどき一反の着物の形にしてから洗い、また仕立て直す
着物の洗濯方法をすることで、何度でも再生が可能です。別の方にあわせて寸法を変えたり、
着物を羽織やコート、帯や半天に仕立て直して使うこともできます。

 また、絹・木綿・麻などの天然素材は人に優しく環境にも優しいものです。
当店では、そういった伝統的な技術で作られた天然素材の着物をお薦めしています。


着物を包む為の大きなサイズの風呂敷

      



帯揚(おびあげ)を利用し作りなおした素敵なバック

●修理サービスの提供
 着物は親子三代に渡り着回して頂くことも珍しくはありません。
着物の染み抜き、染め替え、寸法直しはもちろん、「洗張り」による仕立て直し、
着なくなった着物を綿入れ半天にする、などのサービスを行っています。

 草履も花緒の取替えや修理、台や底の修理をしています。
ちなみに、京濱さんではお客様の好みの高さ・素材・花緒を選んで、
自分だけの草履を作ることができますよ。

※エコ特典について教えて下さい。
 風呂敷をご持参いただき、商品を包んでお持ち帰りの方には、小物をプレゼントしています。
着物のタトウ紙を包める大きさのものから、様々な素材や柄・サイズの風呂敷のご用意があります。
風呂敷は普段畳んでバックの中に入れておき、袋が必要になったらエコバックとして使えます。
服だけでなく、小物やボトルまで様々なものの包み方がありますよ。


様々な柄・素材の風呂敷のご用意があります

     


風呂敷持参の方に古裂細工などの
小物や油とり取紙等をプレゼント




着物がこれほどのエコ商品だということを、恥ずかしながら今回取材して初めて知りました。
日本の文化の象徴であり、特別なときに着るという印象が強い着物ですが、
季節に合わせた素材や柄がありとてもお洒落で、日本古来の伝統の素晴らしさに、
私達は本当に素敵な国に住んでいるなあとつくづく思いました。

呉服屋さんは敷居が高いように思いがちですが、こちら京濱さんは私の稚拙な質問にも
分かりやすく答えてくれ、着物の再利用についてもアドバイスくださいました。
ゆっくりお話を伺えますので、御来店前には電話で予約をお勧めします。

着物に興味のある方や和小物が好きな方は是非「貴裳呉服 京濱」さんへ足を運んでみてください。

貴裳呉服 京濱(きしょうごふく きょうはま)(浜松市)…詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る